チベットやウィグルの人たちに、中古携帯やミニカメラを送ろう!

チベットやウィグルの人たちに、中古携帯やミニカメラを送ろう!

彼らが、彼らの周りで起こることを、映像として残せる手段を持つことが、
彼らの生活や、彼らの文化を、護り、救うことができると、私は考えています。

どうか、彼らの苦しみを少しでも知っている皆さん、彼らに何もできないことを悩んでいる皆さん、彼らに何かをしてあげたいと思ったことがある皆さん、
彼らに、生活の実態を海外に知らせる手段を与えていただけないでしょうか?
情報統制が進むかの国では、インターネット経由では、映像や動画を世界に発信できないません。

しかし、まずは、映像として記録し、その映像を何らかの方法で、外に知らしめることが、なによりも、彼らを救うと考えています。

中古携帯やミニカメラ(スパイカメラ)を、どうやって、知られることなく、届けるのか?
現地のお店で、合法的に、超格安でそれらを普通に販売するのか、それとも、秘密裏に、現地に運び、チベット人に配るのか、現時点では、ノープラン、ノーアイデアです。(一応、実現可能そうなプランがありますが、ここでは書きません)

まずは、現地に旅行に行った旅行者の方たちに、もし、チベット人やウィグル人を見つけたら、映像を記録する手段を手渡していただけないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です